事務所方針

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pic_g299

事務所方針

岩永税理士事務所は「税理士もサービス業です」を信条とする税理士事務所です。

決して税理士が皆そうではないのですが、多くの方が税理士に対して

「偉そう」「融通が利かない」「なかなか動いてくれない」という印象をお持ちのようです。

岩永税理士事務所はお約束します。

1.お客様に対し深い敬意を払います。

27歳で創業して以来。

若い自分に仕事を依頼して下さるお客様に対してまず抱く感情は「感謝」でした。

今後も初心を忘れずに、お客様の役に立てるよう励みます。

2.お客様に聞かれる前に、こちらから提案します。

・依頼した通りに動くのが普通のサービス

依頼した通りに動かないのが悪いサービス

・依頼した以上の答えが返ってくるのが良いサービスです。

お客様から依頼を受ける前に、こちらから提案することを目指します。

3.フットワークの軽い、迅速な対応を行います。

若さを最大限に生かします。「うちの税理士は良く動いてくれる」が最高の褒め言葉です。

経営理念

創業者・独立開業者様の【かけこみ寺】を目指して

3年少し前、27歳でゼロから税理士事務所を開業した時期、本当に不安でした。

「売上は立つだろうか」「生活して行けるだろうか」

「若い自分を信頼して仕事を依頼してくれる人がいるだろうか」

本当に心細かったのを思い出します。

改めて、これまで支えてくださった全ての方々に感謝を申し上げます。

pic_a059

この不景気の時代、創業される多くの方が。

同じ不安を抱えていらっしゃるのではないかと思います。

特にサラリーマンを辞めて開業なさった皆様は、営業のみならず。

法令に基づく役所への届出。

金融機関との交渉による資金の調達、税務署との折衝、資金の管理、人の管理…

こんなにも多くのことを一人でしなければならないのかと。

圧倒されるのではないでしょうか。

私が恵まれていたのは、それ以前の約4年の税理士業界でのキャリアによって。

「役所回り」「税務会計」については全く苦にならなかったことです。

しかし、この点で多くの創業者様が。

本当に苦労しておられる様子を目の当たりにしてきました。

何より不安なのは「資金」「家族の生活」。

その中で、売上には貢献しない税理士報酬や管理費に、

資金を回したくない気持ちは痛いほどわかります。

pic_g0331

私は、創業者の方々が極力費用をかけずに利用できる

・税務署主催の記帳・決算・申告の説明会の講師

・税務署による訪問記帳指導の指導員

・北九州市中小企業支援センターの専門家相談窓口の相談員

など、創業者様を応援する公的な制度にできる限りに関わることにしています。

加えて、昨年度から「個人出張訪問確定申告2時間2万円プラン」を設置しました。

「極力自分でできることは自分でしながら費用を抑えたい、でも専門家には見てほしい」

という勤勉な小規模の事業主様に好評をいただいております。

当事務所は、目先の利益にとらわれることなく。

お客様と一緒に成長していける税理士事務所でありたいと願っております。

是非、一人で悩まれず、一度相談されることをお勧め致します。

2013年7月9日

税理士の使命と【サービス】との兼ね合いについて

税理士法によりますと、税理士は「独立した公正な立場で」業務を行うこととされています。

この点、お客様の言われることは絶対である一般のサービス業とは少し違うかもしれません。

それでもやはり税理士もサービス業であると私は考えています。

pic_c203

岩永税理士事務所の【税務サービス】

サービスとはお客様を快適にさせる、幸せを感じていただくために行うものです。

お客様がよくわからない税務・会計に感じている不安。

慣れないことに時間を取られる不快感。

これらを取り除けるのが優れた税理士のサービスではないでしょうか。

お客様が、「あの税理士はこんな風に言うけど本当だろうか」

「頼んでいるあの件はどうなっているんだろうか」

「親身になって資金繰りや節税を考えてくれているんだろうか」と。

不快感を感じながら税理士と付き合わなければならないとしたら、

これは良いサービスとは言えません。

「こちらから提案する」「すぐに対応する」

「法で認められている範囲で最も資金に良い影響を与えられる方法を親身になって考える」

本当にお客様を快適にさせる税務サービスを提供していきたいと願っています。

2013年7月9日

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする