H27年度税制改正研修に行ってきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年この時期には税理士会で。

その年の税制改正についての総まとめ的な研修が行われます。

「税制改正」などと聞くとつまらなそうに聞こえますが。

実はかなり世相が反映されていて面白いです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PAK86_doutonbori15152733-thumb-1000xauto-12460

近年でも。

「とにかく賃上げしてください!法人税負けますから!」

という国からのメッセージが強烈に響く「所得拡大促進税制」。

「とにかく地方にお金を回してください!住民税負けますから!」

という「ふるさと納税」。

「とにかく高齢者は若者世代にお金を渡してください!贈与税はいいですから!」

という「教育資金一括贈与非課税制度」。

などなど。

世相を反映した税制が次々と制定されています。

なんとなく、税制を通じて世の中の動きが感じられるものです。

今年の改正でも。

今まで税法が追い付いていなかった

「国外配信電子書籍への消費税課税」

高齢者から若者への財産移転+“婚活”を後押ししようとしている(?)

「結婚,子育て資金一括贈与非課税制度」

東京から地方へ移転すれば税金負けますよ、というメッセージの

「地方拠点強化税制」

などなど。

情報通信と電子書籍の普及。

少子化対策。

地方創生。

ニュースで目にするキーワードがそのまま税制に反映されています。

しっかり時代についていかなければなりませんね。

次回以降、クライアント様にも影響のありそうな改正をご紹介していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク