「誰か良い税理士を紹介してもらえませんか」について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ一年ほど、多忙のため非常に心苦しいのですが新規の依頼をお断りしています。

お断りのメールや電話をしますと。

「せめてお知り合いの税理士さんで良い方を紹介していただけませんか」

と言われることが多いのですが。これがなかなか難しいのです。

YUKA862_keirei15190122

「紹介する」ことの難しさ

「紹介する」というのはどのビジネスでも、あまり軽はずみに行えることではありません。

もちろん、紹介したところでそこで良いお付き合いが始まるかはその人たち次第です。

しかしやはり、「あの人から紹介された先生はあまり良くない…」とか。

「あの人から紹介されたクライアント、たちの悪い人が多い…」とか。

そんな印象を持たれてしまうと非常に残念ですし、やはり責任も感じます。

私自身、もちろんクライアントを紹介していただけるのはうれしいことではあるのですが。

「紹介されたので行ってみたけれど、正直あまりお付き合いしたくないな…」

「でも紹介してくださった方の顔もあるからな…」

と、断るときにかなり気を使ったり。

非常に良くないことで、後悔していますが。

少し無理に引き受けたもののあまり良いお付き合いにならなかった

苦い経験もあります。

税理士はほかの税理士の仕事をあまり知らない

「良い工務店を」「良いレストランを」紹介してくださいと依頼される場合。

そのサービスを受けたことがあれば。

あるいはそのサービスを受けている親しい人がいれば。

きっと良いお店を紹介できると思います。

-shared-img-thumb-0I9A4984ISUMI_TP_V

しかし、税理士が税理士から税務サービスを受けることはまずありません

税理士会で同じ支部の先生とはよく顔を合わせます。

仕事に関する情報交換を多少することもあります。

税務署の応援等の仕事を一日一緒にすることもあります。

でも、その程度です。

他の先生が書いた申告書の内容を精査したり。

クライアントの訪問に同行して、その先生が訪問先でどんな業務をしているのか見たり。

業務水準の核心になる部分を見ることはまずありません。

あるとしたら、「税理士さんを替えたいと思っているんです…」と相談された。

その前の税理士さんの仕事ぶりくらいです。

ですので、「この税理士さん良い仕事しますよ」という推薦など。

まずできないのです。

(もっともこれは銀行さんや、税理士紹介会社も同じです。)

私の印象で「この税理士さん、頭いいな…」「すごいな…」という方の大半は。

リアルの世界で顔を合わせる方ではなく。

WEBや書籍上で優れた情報を発信しておられる税理士さんたちです。

税理士は問い合わせをしてこられた方を良く知らない

紹介する税理士を、本当のところ良く知らないことに加えて。

今問い合わせをしてこられた方のことも、税理士は全く知りません。

仮に、紹介したいと思えるような良い税理士さんを知っているとしても。

「今問い合わせをしてこられた方」を紹介できるかどうかは別問題です。

bsPAK85_komattakaosurudoitu20140531

もしかしたらひどいクレーマーかもしれません。

代金の支払いを渋ったり、踏み倒したりする人かもしれません。

よっぽど仕事がなくて困っている税理士さんなら。

どんな人のところにでも無料で出かけて行くかもしれませんが。

紹介を期待されているのは、そんな困っているタイプの人ではないでしょう。

ある程度依頼者側のことを知らないと、良い税理士さんほど紹介できないのです。

紹介ではなく、直接の依頼をおすすめします

言い訳に聞こえるかもしれませんが、「紹介」が難しい理由を書いてきました。

不快に感じられたなら申し訳ありません。

ですが、税理士に限らず「税理士を紹介する」ことが難しい理由をご理解いただけたなら。

結論としておすすめしたいのは、「直接」の依頼をすることです。

私のところにそのようにお問合せ下さった方も。

当事務所をホームページで見つけられたはずです。

是非、もう少しお調べになってください。

業者丸投げのテンプレート感満載のホームページは何の参考にもなりませんが。

自分でホームページやFacebook、Twitterなどを。

更新しておられる若い税理士さんはたくさんいます。

是非、その中から性格の合いそうな税理士さん。

ニーズに合いそうな税理士さんを探して。

「直接」依頼なさってみてください。

その方がきっと。

誰かに「紹介」された場合よりも、良いお付き合いになることと思います。

※近々、インターネットで良い税理士を見分ける方法についての

記事を書こうと思っています。

2016.6.21追記

株式会社研修出版様の「月刊経理ウーマン」に

「良い税理士・悪い税理士の見分け方」というテーマで記事を寄稿しました。

記事はこちら。

【良い税理士・悪い税理士の見分け方】~税理士業界の流れから考える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする