税理士の使命と【サービス】との兼ね合いについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士法によりますと、税理士は「独立した公正な立場で」業務を行うこととされています。

この点、お客様の言われることは絶対である一般のサービス業とは少し違うかもしれません。

それでもやはり税理士もサービス業であると私は考えています。

岩永税理士事務所の【税務サービス】

サービスとはお客様を快適にさせる幸せを感じていただくために行うものです。

お客様がよくわからない税務・会計に感じている不安、慣れないことに時間を取られる不快感。

これらを取り除けるのが優れた税理士のサービスではないでしょうか。

お客様が、「あの税理士はこんな風に言うけど本当だろうか」

「頼んでいるあの件はどうなっているんだろうか」

「親身になって資金繰りや節税を考えてくれているんだろうか」と。

不快感を感じながら税理士と付き合わなければならないとしたら、これは良いサービスとは言えません。

「こちらから提案する」「すぐに対応する」

「法で認められている範囲でもっとも資金に良い影響を与えられる方法を親身になって考える」

本当にお客様を快適にさせる税務サービスを提供していきたいと願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする