クレジットカードを活用すると【確定申告が簡単になる】理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。北九州近郊(遠賀郡岡垣町)の税理士、岩永です。

起業したての方向けの確定申告についての連載記事です。

今回は、確定申告基礎資料の整理の手間を減らすため。

「クレジットカード」の活用について考えてみたいと思います。



Shopping / donebythehandsofabrokenartist

経費帳の作成はクレジット会社にしてもらいましょう。

初めての確定申告。

元帳への転記は会計ソフトがしてくれるとして。

まず面倒なのはその前の元資料の作成と整理。

現金出納簿の記帳からです。

さて、実際問題、全部をというのは無理な話ではありますが。

仮に全ての経費の支払を、1枚のクレジットカードで集約して。

全てそこから引き落としにしていたら、現金出納簿は必要でしょうか。

要りませんよね。

クレジットカード会社が明細を送ってきます。

(最近はWEBからというところも多いですが。)

明細をそのまま「未払金」の勘定科目に打ち込みます。

「普通預金」の勘定科目を打ち込むと。

引き落とし日に、その「未払金」が落ちます。

以上です。これだけですよね。

クレジットカード会社が送ってくる請求明細。

これがそのまま経費帳になるわけです。

せっかく、無料で書いてくれるのですから。書いてもらいましょう。

領収書添付台紙の作成もクレジット会社にしてもらいましょう。

さて、時々大きな勘違いをなさっている方がいます。

「クレジットの請求明細を取ってあれば、領収書はいらないですよね。」

答えはNo!です。

前回の記事にも書きましたが、

保存する書類には「誰から、いつ、何を、いくらで」が書いてあることが必須です。

クレジット会社の明細には。

「誰から」の欄に「amazon」とか「楽天市場」とか。

購入した業者ではなく、集金代行業者の名前が書かれることがあります。

また、「何を」が書いてあるケースはまれでしょう。

税務署の立場でよく考えてみれば。

クレジットの請求書で「Amazon 20,000円」と書いてあったところで。

経費かどうかなんて証明できませんよね。

必ず「誰から、いつ、何を、いくらで」か記載のある。

納品明細書か領収書を取っておきましょう。

取っておいたその書類を、クレジットの請求書が来るまで。

とりあえず日付順にバインダーに挟んでためていきます。

クレジットの請求書が来たら、その請求書にあがっている順番に。

請求書の裏にペタペタ貼っていきます。

後から会計ソフトの総勘定元帳を見直すときも。

「これ、何だったっけ?」と思ったら。

その請求月のクレジットカードの請求書の裏を見ればいいわけです。

仕訳もクレジットカードにしてもらいましょう。

例えばガソリン代がたくさん出てくるなら。

1枚、ガソリン代専用のカードを作って、ガソリンは全てそれで入れます。

会計ソフトへの入力の際、明細を1行1行打たなくて良いですよね。

全部ガソリン代ですから。

個人の生活費用のカードは分けておきましょう。

事業用のカードと混ざると1行1行打たなければなりませんが。

全部生活費のカードなら、「事業主貸」1行で終わります。

このように、科目別にカードを分ければ仕訳もカード単位になります。

もっとも、あまりたくさん作りすぎると管理が大変ですが。

実際に全ての支払をクレジットカード決済ですることは無理でしょう。

でも、今まで現金出納簿の経費出金が毎月100行あったとしたら。

70行、クレジット会社に書いてもらうだけでもずいぶん楽です。

私も、事務所の事務用品、PC、PCサプライ、ソフト、車関連…

基本的にネット通販でクレジット決済です。

振込料も、代引き手数料もかかりませんし。

経理の手間も楽で助かっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク