「知り合いにお願いする」レベルで外注する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業したてで資金の限られている中。

でも、やはり一通り用意する必要がある場合があります。

名刺、事業案内のパンフレット、ホームページ、ロゴ…

プロにお願いする資金が無くて知り合いに頼む方も多いのではないでしょうか。


IMG_8552 / 81disasters

プロにお願いすることにはもちろんメリットがあります。

不具合があれば文句が言えます。

品質も素人に頼むよりは良いでしょう。

でも、開業当初は、とりあえず知り合いにしてもらったのでも良いレベルで。

誰かにお願いしたいこともあります。

そんな時に使えるかもしれないサイトです。

クラウドソーシング ランサーズ

単純作業を手軽に外注できるサイトです。

「こんな作業を、この値段でしてくれませんか?」

と発注をかけますと、

「やります!」

という人が集まってきます。

ホームページを見ますと、

・ロゴ、パンフレットのデザイン

・ネーミング

・記事の執筆

・ホームページの作成

・システムの設計

などなど、WEB経由でもできる作業はあらゆるものが外注されています。

費用は、「こんな値段でしてくれるの?」と思ってしまう安さです。

しかも、ロゴデザイン等見ますと、素人がしているとは思えないレベルに見えます。

きっと本職でなさっているか、その分野の学生さんが、副業でされているのでしょう。

副業ですので、この値段でも構わないのでしょうね。

プロに依頼するのと違って文句は言えませんが。

「知り合いに依頼する」レベルであれば、十分利用できるのではないかと思います。

事務作業のクラウドソーシング シュフティ

こちらも同じような趣旨のサイトです。

まだ設立して日が浅いのでしょうか、ランサーズと比べますと登録している方は少ないようです。

いずれも、私のようなアイディア・発想力の乏しい人から見ると、

「最初に思いついた方は賢い方だな…」という尊敬の念を禁じ得ないサイトです。

確かに、専門的な技能を持っていても本職では生かし切れずに。

副業で使いたいと思っておられる方はおられますよね。

私の身近にも、画家志望だった方、漫画家志望の方、趣味でシステムを組める方、おられます。

一方で、そんな人が知り合いにいれば、プロでなくても頼みたい方もおられますよね。

その方々の集まる場所を作って、プロよりも安い価格で外注する。

需要と供給のギャップを見事についた素晴らしいアイディアだと思います。

いつかは自分もこういう発想ができるようになると良いのですが。

なかなか頭が固くて困っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする