起業でよくある失敗を避けるためのマインド-下りのエスカレーターを駆け上がる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事で、

・最初から人任せにしてしまう人は起業に失敗しやすい

という自分なりの観察を書きました。

でも、何もかも自分でやれば当然、凄まじい忙しさです。

その時期を乗り切るのに役立つと感じている、考え方をご紹介します。


Shopping / 21limited

大変なのは、最初の核となる客、システムを作るまで

私の好きな本です。

【新品】【書籍・コミック ビジネス・経済・就職】ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣

価格:
1,470円

(2013/10/03 20:18時点 )

この話の中で、ユダヤ人の大富豪が主人公の青年に語る場面が出てきます。

「いちばん大変なのは、最初の核となる客をつくることだ。」

「いったんこのシステムが稼動すると、君はなにもしなくてもいい。」

お金の入ってくる仕組みを作る。

最初の売上を上げる。

売上が安定的に入ってくるサイクルを作る。

ここまでは本当に大変です。

しかし、一度サイクルが回り始めると、2週目からは1週目とは比較にならないほど楽になります。

必要なのは一気に駆け上がる瞬発力

それに必要なものを大富豪が話します。

「下りのエスカレーターを一気に駆け上がる情熱とパワーだ。」

だらだらと走っていては、いつまでたっても登れません。

下の方でゆっくり走っている人は、上の方にいる人を見てどう思うでしょうか。

「あんな高い所にいるなんて、きっと大変だろうな。」

でも上の方、エスカレーターを駆け上りきった人は、実はもう走っていません。

落ちないようにさえ気を付けていればそこにいられます。

最初に売上が入ってくる、回る仕組みを作る。

そこまでに必要なのは「下りのエスカレーターを一気に駆け上がる情熱とパワー」です。

一度、死ぬ気で働いて仕組みが回り始めれば。

後はその仕組みを壊さないようにだけ気を付けつつ、任せるところは人に任せられます。

一度駆け上がってしまえば、後は信じられないくらい楽になります。

その一度の瞬発力を惜しめば。

最初から人任せで楽することを考えれば。

いつまでもエスカレーターの一番下で延々走り続けなければならなくなります。

しんどい時期はいつまでもは続きません。

起業の最初の、一番忙しく一番つらい時期。

「今、下りのエスカレーターを駆け上がってる!」

…と考えることで、乗り越えられる気がしませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする